若松屋の桃菓子

桃酔菓(とうすいか)桃酔菓(とうすいか)

有楽窓(うらくまど)有楽窓(うらくまど)

桃菓子各種桃菓子各種

桃果実(桃ジャム)桃果実(桃ジャム)

若松屋の生菓子

今月の生菓子今月の生菓子

国宝の干菓子国宝の干菓子

若松屋の健康和菓子

胡麻と黒糖の和菓子胡麻と黒糖の和菓子

秋からの季節限定和菓子秋からの季節限定和菓子

ブライダル和菓子ブライダル和菓子

店舗紹介店舗紹介

お問い合わせお問い合わせ


若松屋阡壱の和菓子や和菓子づくり教室の様子などをご紹介します。

 
 > 和菓子の部屋
 

和菓子歴史研究 後藤幸夫
日本は第二次世界大戦により大都市の東京はじめ名古屋、大阪、長崎など66箇所が空襲や災害や消費低迷皆無の時代になり、菓子木型、木型刷り込み板や焼印など、多くの菓子屋は消滅してしまった。若松屋阡壱は江戸末期から明治・大正・昭和の最も和菓子が栄えた時代の菓子木型約1,000丁と伊勢型紙や焼印や時代の金型など合わせて1,400点余りを保有保存している。先代・千一が専門職としてきた菓子の引き物細工の伝承技術の数々と現存する菓子木型資料と和菓子歴史の文献をもとに、菓子職人の立場を踏まえて、和菓子の歴
史を考察してみた。 また、尾張地方は桃の産地であり、当店は20年余り桃菓子の研究により銘菓・桃酔菓を考案、多くの桃菓子も考案した。その製法と桃の歴史も紹介する。

 

1.城下町の菓子職人の歴史

2.菓子木型と引き菓子の歴史

3.茶席菓子の歴史

 
只今準備中です。